足の爪 形が変わったたままでいいですか?

日本人の10人に1人が悩まされているとも言われるのが「爪の変形」です。

「爪の変形」巻爪かも?

巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態を言います。
巻き爪が進行していくと、肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んで、
次第に激しい痛みを引き起こすようになります。
さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、
歩くことができなくなる場合もあるのです。

巻き爪は医学的に
「陥入爪(かんにゅうそう)」
「弯曲爪(わんきょくそう)」
「爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)」
という3種類に大別されます。

その中でも、爪の周囲の皮膚に食い込んで痛みが生じる、
陥入爪が最も多くなります。

弯曲爪は両側性の陥入爪がひどくなったもので、
爪が爪床の皮膚を挟み込むようにして「のの字」型に巻き込み、
持ち上がってしまったものです。

爪甲鈎弯症シニアの方に多く見られます。
爪甲(爪の外側の部分)が異常にぶ厚くなるのと同時に、
異常に伸びてツノのような外観になってしまう症状で、
甲状腺機能低下症などの内分泌障害なども原因となります。

もっとも多い陥入爪はおもに足の親指に発症することが多く、
皮膚に痛みや発赤、腫れを引き起こします。
陥入爪を発症すると、局所の感染症を併発することもあります。

原因
多くの場合爪を短く切り過ぎてしまうことで発症します。
爪を短く切りすぎると皮膚と爪に段差が生じ、この状況で爪全体が伸びると、
皮膚への食い込みの原因となり陥入爪が発症します。

爪の切り過ぎでなければ、
その他の原因として足のサイズに合わない窮屈な
シューズを履くことも挙げられます。

きつい靴ばかりでなく、大きすぎる靴を履くと、
脱げないように指を靴先に押し込み圧迫するので、
爪が肉に食い込むとも 言われています。
ですから、大きすぎる靴にも注意して、
足にあった靴を 履くことが大切です。

他には指の外傷をきっかけに
陥入爪が引き起こされることもあります。

 

特にシニアの場合は傷の治りが遅くなります

傷口の治りの遅い原因としては
・年齢のせい
(年齢に伴ってお肌の新陳代謝が低下します)
・栄養の偏りのせい
(皮膚や粘膜の保護に役立っているビタミンA.Cなどの不足で傷口の治癒がおそくなる)
・病気のせい
(糖尿病、肝臓病や肝臓が弱っている)
・白血球減少症
・貧血
・薬のせい
(ステロイド剤を内服すると創傷治癒遅延といって傷の治りがおそくなる)
・感情のせい

深爪をやめ、ウォーキングシューズの見直しをしましょう。

今回の記事で不安を感じられたら下記もお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

シニアのウォーキング 何歩がいいの?

健康維持に一番簡単にできることは‼
ウォーキングです。

ただ、歩くべき歩数や歩き方は目的と年代で違います。

・健康維持を目的とするなら、1日の歩数は8000歩が理想です。
・ダイエットを目的とするなら、1日の歩数は、1万歩が理想です。

病気を予防し健康を維持するためには、
1日8000歩を歩くことが理想ですが、、、。

この場合も単純に歩数が達していればいいというわけではありません。
ある程度、負荷のかかる運動になる速さが必要となります。

これを「中強度の運動負荷」と言います
中強度の運動負荷で8000歩(時間の目安は20分)が健康維持に必要となります。

 

健康維持に必要な歩数は65歳を境に変わります。

65歳以上の人は、1日に6000~7000歩(中強度運動10~15分)が理想。
75歳以上の人は、寝たきり防止・病気の予防のために
1日5000歩(中強度運動7.5分)が目標になります。

それでは中強度の運動とは何かですが・・・
運動強度はメッツという言葉で表します。

身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位で、座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。 身体活動の量を表す単位で、身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)をかけたものです。
身体活動・運動の単位 – 厚生労働省

中強度の運動というときのメッツは、3~5が該当します。“軽い散歩”の場合は、2.5メッツに設定されていて、低強度になってしまいます。

60代以上の人が心がけたい強さであるメッツ3は
「なんとか会話できる程度の早歩き」です。

50代以下が歩くときはというと、「会話はできるが歌は歌えない」ぐらい、
大股で早く歩くことが中強度の強さです。

このことによって骨と筋肉に適度な刺激が与えられ、
骨密度と筋肉量が減ることなく維持できます。

メッツ一覧

健康維持のためでもダイエットのためでも、歩いて運動としての効果を得るためには、
「歩数×運動」の強度が大切です。

しっかり歩くことで、以下の病気の予防にもなります。
• うつ病
• 認知症
• 心疾患
• 脳卒中
• がん
• 動脈硬化
• 骨粗鬆症
• 要介護・要支援状態

その際に特に注意したいことはウォーキングシューズが
足にちゃんとあっているかです。
せっかくウォーキングをしても足に合っていないシューズでは
台無しになります。

今回の記事でウォーキングシューズが気になる方は
下記もお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

 ウォーキングとウォーキングシューズ シニア

人は誰でも高齢になると、筋肉量が低下します。
特に下半身の筋肉量が少なくなります。
「老化は足から」と言われる所以です。

原因
筋肉を構成する筋繊維数が減少し、
さらに筋繊維が萎縮してしまうことです。
加齢による筋変化は、筋繊維そのものの変化よりも、
筋肉量の低下が目立ちます。
加齢による筋力低下の本質は、
筋の萎縮によるものです。

この筋肉量の低下によりシニアが靴を選ぶ時にはさらに注意が必要となります。

成人における筋肉の重量は、体重のおよそ40%です。
もちろん個人差はありますが、
20歳ころの筋肉量を基準に考えると、
70歳くらいでは男女ともに30%の低下がみられることから、
10年間でおよそ6%ずつ、低下していることになります。

骨では
加齢により骨吸収が増加するとともに、
骨形成が減少することで、
徐々に骨密度や骨量が低下し、
場合によっては骨粗鬆症を発症します。

人の骨量は、10歳代後半から20歳代に最大となります。

そこから40歳代くらいまでは、骨量を維持できていますが、
40歳代後半から50歳代くらいの間に減少し始めます。

特に女性の場合、
閉経の時期を境目として、
骨量の減少が著しくなります。
さらに閉経を迎えるとホルモンバランスが不安定になります。

このうちエストロゲンと呼ばれるホルモンは
骨形成を促進する働きがあるため、
エストロゲンの分泌量が急激に減ることで、
骨形成が骨吸収に追いつかなくなり、
骨量の減少が始まります。

この変化は、閉経後10年以上経過した女性や、
40歳代以降の男性にもみられ、
徐々にではありますが、
骨量の減少から骨粗鬆症を起こしやすくなります。

骨量を増加させる運動としては、
ジャンプや縄跳びといった
瞬発力を高める運動が有効です。

しかしシニアの場合、安全性を考慮し、
一般的には全身の骨や筋肉を程よく動かす
「有酸素運動」が効果的です。
具体的には、ウォーキングやジョギング、水泳などがあります。
この中で一番簡単にできるのが、「ウォーキング」です。

なので日頃からよく歩いて足腰を鍛えましょう。
筋肉を使うことによって、血行がよくなり、全身に酸素が送られるため、
新陳代謝が高まることで、若々しさの維持に役立ちます。

40代~50代に汗ばむ程度の運動をする習慣がある人は、
高齢期になったときの身体活動能力が高く、
認知症になるリスクが低いこともわかっています(*4)。

*4 出典:国立長寿医療研究センター研究所(鈴木隆雄)「中年期の運動の重要性」(2012年)

このように筋力の低下や骨量の減少には運動が一番ですが、
そのなかでシニアにとってのベストはウォーキングです。

ただ筋肉量や骨量が減少をしている状態でウォーキングをすることになります。

この時に注意してほしいのがウォーキングシューズの選び方になります。

折角ウォーキングをしても足に合わないシューズを履いていると
かえって逆効果になってしまいます。

 

今回の件で不安を感じましたら、下記をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

 

あなたはウォーキングをしていますか?

1日に8000歩歩くと血液の循環が
良くなると言われています。

最近は健康のためにウォーキングを
している人は増えてはいますが、、、

ウォーキングで最も大切なことの一つが
ウォーキングシューズは
足が合っているかどうかです。

靴の役割

衣服が体を保護するように、靴は足を保護します。
さらに、足の機能を高める役割があります。

靴は足の関節を支え、不安定な状況でも
本来の位置に移動できるようにしてくれます。

また年をとると筋肉の張りが衰えて
足の甲は平らになりがちです。

靴の選択が適切でないと、
特にある一定の年齢になると
足だけでなくさらに、腰痛・肩こりなど全身の
健康障害を起こすリスクが高くなってきます、、、。

これが怖いですね。

靴が足に合っていないと起こる
具体的な症状は次の通りです。

① 「靴ずれ・まめ」ができる

小さすぎる靴や狭すぎる靴が原因です。

② 「タコ・ウオノメ」ができる

タコは皮膚の表面外部からの刺激によって
角質化し、厚くなったものです。
それに対してウオノメは、
皮膚の内側に向かって角質化が進み、
ウオノメの芯が神経にまで届くと、
痛みを感じるようになってしまいます。

③ 足の皮がむける。かゆい場合もある

足の皮がむける。水虫や爪水虫、ズック靴皮膚炎など

④ 足の指が痛む

小さすぎる靴が原因

⑤ 爪の形が変わる

「陥入爪・巻爪」

靴で爪を先端や上から圧迫しないことが大切です

⑥ 足の指が曲がる

「外反母趾・内反拇趾・ハンマー・トー」

特に外反母趾は女性に多いといわれていますが、、、。

意外なことに横幅の広すぎる靴を
履いた人に多く見受けられます。

偏平足

医学的には足の骨のアーチが低い状態を言います。

開帳足

足の裏には3つのアーチ(土踏まず)があります。
還暦を過ぎるとますます足の筋肉の張りがなくなり、
特に横のアーチがゆるんでくると
開帳足という偏平足に近い状態になります。
こうなると膝とかに衝撃がかかります。
その衝撃の吸収のサポートの役割が靴になります。

などですが何か思い当たる症状があったでしょうか?

更に怖いのが特に高年齢になると

靴の選択が適切でないと、足だけでなく
全身の健康障害を起こす場合があります。

 

靴を選ぶ時のポイントです。

① 靴の長さが足の長さに合っている。

(靴先に余裕があり、運動時につま先が靴の先端にあたらない。)

② 靴の幅が足の幅に合っている。

(踵から甲が足に合い、運動時に前後左右に足がずれない。)

③ 靴先部分に足指が十分に動かせるゆとりがある。

④ 圧迫感や不快感がない。

⑤ 足指が曲がる位置で屈曲する。

⑥ つま先に少しそりがある。

⑦ 足がしっかり固定でき、踵がずれたり、足が前に移動しない

(ひもで締めるものや面ファスナーでとめるタイプが望ましい。)

⑧ 通気性がよく、汚れたら洗える素材である。

⑨ 着地時の衝撃から足を保護する機能をもっている。

⑩ 靴底がすべりにくい(靴底のストップ性能が高い)

以上のポイントを参考にして下さい。

古来、人間は歩いて健康を維持してきました。

その時に大切なのは靴の選び方です。

せっかくウォーキングをしいても合わない靴で
かえって健康被害を招いては台無しです。

ウォーキングシューズを選ぶのは
特にシニアにとっては非常に大切なことです。

こちらを参考にしてください。

 

ウォーキングシューズ 外反母趾 

あなたの外反母趾の原因は何でしょうか?

外反母趾の一番の原因は靴を履くことです。

外反母趾は靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、
最近は日本でも急速に増えています。

特に女性に多いと言われている外反母趾ですが、
もしかしたらウォーキングシューズが原因かもしれません。

外反母趾とは

足の親趾が、付け根の関節から、小趾の方(外反)に曲がっ てしまい、、
付け根の関節の内側が出っぱって靴に当たって 痛む病気です。

母趾の関節は通常、外側の第二趾のほうに沿って曲がっていますが、
一般的にはこの角度が20度以上のものを外反母趾とします。

原因は

基本的には靴を履くことが原因ですが、、、。

先端がとがったハイヒールを履く女性に多いとされていますが、
実は外反母趾の症状や兆候が見られる方の多くは、
意外にも横幅がゆる過ぎてフィットしていない靴を履いています。

ゆるい靴を履いているとつま先が靴の先端部にずれ込んでしまい
結果的に指を圧迫してしまうことになります。

あなたは大丈夫ですか?

外反母趾を年代で見ると

10歳代に起こるものは
母指が人差し指より長かったり、
生まれつき扁平足ぎみであったりする
外反母趾になりやすい特徴があります。

最も多い中年期からシニア年代のものは
履物に加えて、
肥満と筋力低下などによっておこります。

健常な足には縦のアーチだけでなく横のアーチがあります。

特に加齢による筋力の低下で扁平足や開張足になりやすくなります。
足のアーチ構造が崩れ、立位になると
足趾の関節が全体的に扇状に広げられます。

この場合、靴を履いたときに、
広がった足先が靴先に圧迫されて外反母趾を誘発します。

肥満による過剰な体重負荷や筋力の低下などによって
足のアーチ構造が崩れ、特に女性の場合は、
さらにハイヒールや足先の細い靴を履くことで足先に過剰な力が加わって、
外反母趾を引き起こすリスクが高くなります。

 

サイズの小さい靴なども足を圧迫するので
親指が変形する原因となります。

ヒールが高い靴も足が前に滑りやすくなるため、
つま先に負担がかかり外反母趾を引き起こしやすくなります。

 

さらに足はもちろん足首、膝、お尻、腰、首など
全身のバランスが崩れ
身体が不調になる恐れがあります。

何か思いあたる原因はあったでしょうか?

今回の件で不安を感じましたら、下記をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

あなたのウオーキングシューズ大きすぎませんか?

たしかにウオーキングシューズなど
盛んに歩くときに履く靴を選ぶときには、
少し大きめのものを選んだ方がいい
とは言われます。

では、大きすぎる靴をはいて
ウォーキングなどしていたら
どうなるでしょうか?

足が痛くなります

足が固定されないため、
本来入ってはいけないつま先の方に
スライドしてしまう可能性があり、
その為足の外側、内側が
靴の先端にぶつかってしまいます。

酷い場合外反母趾、
内反小趾の原因となります。
また靴と足の間に隙間が出来てしまい
大きく皺が入ってしまします。
その皺の下部が足を擦って
甲(多いのが親指付け根辺り)が
痛くなることがあります。

膝、腰が痛くなります。

靴が大きいと土踏まずが合わないため、
足の踏まずが無くなってきて、
偏平足や開張足と言った
病気になる可能性があります。
また足がスライドしないように指先を
無意識に踏ん張ってしまうため、
指が曲がったままになってしまう
ハンマート-になってしまう
恐れがあります。
無意識の踏ん張りが、
膝、腰の痛みに発展する場合があります。

水虫になります、足が臭くなります。

通常サイズの合った靴は、
足の曲がりと靴の曲がりに誤差が出るため
歩くことで中の空気が入れ替わります。
『ふいご効果』と言います。
ですが大きい靴は中で足だけが
大きく曲がるため中の空気が上手く
外に逃げられないために
足から出た汗(1日コップ1杯分!)が
中にこもってしまい
水虫の原因になります。

また大量の湿気のため
細菌がうじゃうじゃの状態です。
それは汗と混じり悪臭を放ちます!

大きすぎる靴、幅の広すぎる靴はシニアに限らず、
また男女を問わず、

注意すべき靴選びの重要なチェックポイントなのです。

開帳足という病気があります。
これは足の横のアーチが低くなる病気です。
この原因の一つに横に大きい靴があります。

大きすぎる靴、幅の広すぎる靴を履いた場合、
特に筋肉が低下しているシニアは
さらにこのリスクが大きくなります。

私事ですが、
赤い靴が気に入っていたので補修もしないで
あまりにも踵が減ったままの状態で
履いていたことがあります。

どうなったか?

通常、歩く時は踵から着地をします。
当然、本来の位置で着地をするので
踵が減っている靴を履いていると
身体が後ろに反りフラフラし、
びっくりしました。
身体が不安定になり危険です。

減り過ぎた踵の靴も注意が必要です

今回の件で不安を感じましたら、下記をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

ウォーキング中に足が痛くなることはないですか?

いま履いている靴で足は痛くはならないですか?

もしかしたら小さすぎる靴、狭すぎる靴が原因かもしれません⁉

もちろん、痛みの原因はいろいろありますが…。

あなたにこんな症状はありませんか?

靴ずれ、マメができる

靴を履いて歩いたり走ったりして、足に 強い力が繰り返し加わり、皮膚が破れたり水疱(水ぶくれ) になる状態です。

タコ、ウオノメができる

皮膚が 繰り返し圧迫されて、皮膚の角質が増殖して厚くなった状態 です。

足の指が痛む

小さすぎる靴を履いて無理な運動をすると、足先に強い力が働いて、

足の指の皮膚がむけたり、血豆ができたり、爪がはがれたり、

爪の下に出血(爪下血腫・黒爪)したりする状態です。

爪の形が変わる

爪の端(爪角)が指の肉に食い込んで、炎症をおこして痛むのを

陥入爪(かんにゅうそう)と言います。

また平らな爪が前から見て円筒状に巻いた状態になるのが巻爪です。

巻爪は爪の両端が肉に食い込み、陥入爪になりやすくなります。

指が曲がってしまう 

つちゆび(ハンマー・トー)があります。

足趾が物をつかむようにいつも曲がっている状態で、

この原因の一つが小さすぎる靴です。

余り長くこの状態を続けると、靴をぬいでも足指がハンマー状に曲がったまま、

伸びなくなってしまいます。

靴が甲の所でしっかり止まり、 つま先に余裕があれば起こりません。

以上が小さすぎる靴、狭すぎる靴が原因で起こる症状なのですが、、、。

あなたにこんな症状はありませんか?

 

それでは足の働きとはなんでしょう?

A 足は、立ったときに体重を支えます

B 歩いたり、走ったり、跳んだりします。

C 足裏全体(足指も使って)で身体のバランスをとります。

Ⅾ 骨組や筋肉、脂肪が組みあわさってクッションの働きをし、

足に加わる衝撃から体を守ります。

E 立っているときは、心臓から下肢に流れてきた動脈は、

心臓のポンプの働きだけではうまく心臓に戻りません。

歩いたり走ったりすると、下肢の筋肉が収縮と弛緩を繰り返します。

筋肉が収縮するとき、下肢の静脈を圧迫することによって、

血管を搾るようにして血液を押し上げ、心臓に送り返します。

これが「足は第2の心臓」と言われる所以です。

 

昔から、足を鍛えた人は、長生きするといわれています。

足を鍛える(たくさん歩く。 足を動かす。)と、足の筋肉が強くなり、
血液の循環がよくなるからです。

さらに、心臓や血管、肺の働きも活発になります。

 

その大切な足を守ってくれ、さらに足の機能を高めるのがあなたの履いている靴です。

足に合った靴選びをしないと足本来の働きができなくなり大変なことになります。

 

今回の件で不安を感じましたら、下記をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28