ウォーキング中に足が痛くなることはないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま履いている靴で足は痛くはならないですか?

もしかしたら小さすぎる靴、狭すぎる靴が原因かもしれません⁉

もちろん、痛みの原因はいろいろありますが…。

あなたにこんな症状はありませんか?

靴ずれ、マメができる

靴を履いて歩いたり走ったりして、足に 強い力が繰り返し加わり、皮膚が破れたり水疱(水ぶくれ) になる状態です。

タコ、ウオノメができる

皮膚が 繰り返し圧迫されて、皮膚の角質が増殖して厚くなった状態 です。

足の指が痛む

小さすぎる靴を履いて無理な運動をすると、足先に強い力が働いて、

足の指の皮膚がむけたり、血豆ができたり、爪がはがれたり、

爪の下に出血(爪下血腫・黒爪)したりする状態です。

爪の形が変わる

爪の端(爪角)が指の肉に食い込んで、炎症をおこして痛むのを

陥入爪(かんにゅうそう)と言います。

また平らな爪が前から見て円筒状に巻いた状態になるのが巻爪です。

巻爪は爪の両端が肉に食い込み、陥入爪になりやすくなります。

指が曲がってしまう 

つちゆび(ハンマー・トー)があります。

足趾が物をつかむようにいつも曲がっている状態で、

この原因の一つが小さすぎる靴です。

余り長くこの状態を続けると、靴をぬいでも足指がハンマー状に曲がったまま、

伸びなくなってしまいます。

靴が甲の所でしっかり止まり、 つま先に余裕があれば起こりません。

以上が小さすぎる靴、狭すぎる靴が原因で起こる症状なのですが、、、。

あなたにこんな症状はありませんか?

 

それでは足の働きとはなんでしょう?

A 足は、立ったときに体重を支えます

B 歩いたり、走ったり、跳んだりします。

C 足裏全体(足指も使って)で身体のバランスをとります。

Ⅾ 骨組や筋肉、脂肪が組みあわさってクッションの働きをし、

足に加わる衝撃から体を守ります。

E 立っているときは、心臓から下肢に流れてきた動脈は、

心臓のポンプの働きだけではうまく心臓に戻りません。

歩いたり走ったりすると、下肢の筋肉が収縮と弛緩を繰り返します。

筋肉が収縮するとき、下肢の静脈を圧迫することによって、

血管を搾るようにして血液を押し上げ、心臓に送り返します。

これが「足は第2の心臓」と言われる所以です。

 

昔から、足を鍛えた人は、長生きするといわれています。

足を鍛える(たくさん歩く。 足を動かす。)と、足の筋肉が強くなり、
血液の循環がよくなるからです。

さらに、心臓や血管、肺の働きも活発になります。

 

その大切な足を守ってくれ、さらに足の機能を高めるのがあなたの履いている靴です。

足に合った靴選びをしないと足本来の働きができなくなり大変なことになります。

 

今回の件で不安を感じましたら、下記をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/beatle2730/aqua-60.net/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 320

ウォーキング中に足が痛くなることはないですか?

いま履いている靴で足は痛くはならないですか?

もしかしたら小さすぎる靴、狭すぎる靴が原因かもしれません⁉

もちろん、痛みの原因はいろいろありますが…。

あなたにこんな症状はありませんか?

靴ずれ、マメができる

靴を履いて歩いたり走ったりして、足に 強い力が繰り返し加わり、皮膚が破れたり水疱(水ぶくれ) になる状態です。

タコ、ウオノメができる

皮膚が 繰り返し圧迫されて、皮膚の角質が増殖して厚くなった状態 です。

足の指が痛む

小さすぎる靴を履いて無理な運動をすると、足先に強い力が働いて、

足の指の皮膚がむけたり、血豆ができたり、爪がはがれたり、

爪の下に出血(爪下血腫・黒爪)したりする状態です。

爪の形が変わる

爪の端(爪角)が指の肉に食い込んで、炎症をおこして痛むのを

陥入爪(かんにゅうそう)と言います。

また平らな爪が前から見て円筒状に巻いた状態になるのが巻爪です。

巻爪は爪の両端が肉に食い込み、陥入爪になりやすくなります。

指が曲がってしまう 

つちゆび(ハンマー・トー)があります。

足趾が物をつかむようにいつも曲がっている状態で、

この原因の一つが小さすぎる靴です。

余り長くこの状態を続けると、靴をぬいでも足指がハンマー状に曲がったまま、

伸びなくなってしまいます。

靴が甲の所でしっかり止まり、 つま先に余裕があれば起こりません。

以上が小さすぎる靴、狭すぎる靴が原因で起こる症状なのですが、、、。

あなたにこんな症状はありませんか?

 

それでは足の働きとはなんでしょう?

A 足は、立ったときに体重を支えます

B 歩いたり、走ったり、跳んだりします。

C 足裏全体(足指も使って)で身体のバランスをとります。

Ⅾ 骨組や筋肉、脂肪が組みあわさってクッションの働きをし、

足に加わる衝撃から体を守ります。

E 立っているときは、心臓から下肢に流れてきた動脈は、

心臓のポンプの働きだけではうまく心臓に戻りません。

歩いたり走ったりすると、下肢の筋肉が収縮と弛緩を繰り返します。

筋肉が収縮するとき、下肢の静脈を圧迫することによって、

血管を搾るようにして血液を押し上げ、心臓に送り返します。

これが「足は第2の心臓」と言われる所以です。

 

昔から、足を鍛えた人は、長生きするといわれています。

足を鍛える(たくさん歩く。 足を動かす。)と、足の筋肉が強くなり、
血液の循環がよくなるからです。

さらに、心臓や血管、肺の働きも活発になります。

 

その大切な足を守ってくれ、さらに足の機能を高めるのがあなたの履いている靴です。

足に合った靴選びをしないと足本来の働きができなくなり大変なことになります。

 

今回の件で不安を感じましたら、下記をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=28

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*