入浴剤

入浴事情 ドイツと日本

ドイツといえば、
「ビール」が有名ですが、
実はドイツには驚くほど多くの
入浴剤が売られています。

ヨーロッパの国ですから
基本的には「シャワー」であり
日本人のように頻繁に湯船に
浸かるということはありません。

ではなぜたくさんの
入浴剤が売られているのでしょうか?

ドイツは日本に勝るとも劣らないほど
寒い国であり、四季もあります。

また入浴によって身体を
リフレッシュさせることを考え
「入浴と身体」についての
意識の高い国なのです。

その入浴剤の多くは
ハーブや花々などの植物成分や
天然成分にこだわって作られています。

製造業者・消費者ともに環境意識が高く
品質のチェックも厳しいため
安心して使うことができます。

ちなみに日本の入浴剤は
顆粒状のバスソルトが主流です。

日本ではその気候風土などから
一年中、入浴を必要とします。

ドイツは日本と同じに四季があり、
入浴の意識が高く、
多くの入浴剤が売られているのに
シャワーが基本です。

なぜ日本人のように頻繁に
湯船に浸からないんでしょうか?

これって不思議ですよね?

ドイツで頻繁にお風呂に
入らない理由ですが、
第一に水が「硬水」ということがあります。
フランスやイタリアなどと同じ
「非常に硬い硬水」に分類されます。

ちなみに日本の水は「軟水」になります。

硬水とはミネラル分
(カルシウムやマグネシウムなど)
が多く含まれている水を言います。

このために入浴後は
肌が乾燥しやすいという
問題が起きてきます。

硬水に含まれるミネラルが
洗顔の成分と化学反応を起こし
泡立ちが悪くなり、
石鹸カスが作られます。

この石鹸カスは水に
溶けにくい性質があり、
毛穴につまり肌荒れの原因となります。
そして残った石鹸カスが皮膚に
悪影響を与えます。

さらに違和感があるため
必要以上に洗うことになり
皮膚の防御機能が壊れ
乾燥肌になるのです。

肌がつっぱる、ゴワゴワする、
粉をふく、薄皮がポロポロ落ちる、
などの症状が出ます。
これって困りますよね。

洗髪では硬水が髪の毛の
タンパク質に付着して
ギシギシ、ゴワゴワした
感触を生み出します。

当然アフターケアの必要が出てきます。

次に水道料金が高いことがあげられます。

ドイツの水道料金は
ヨーロッパで一番の高さです。水道代の内訳は、
使用料+排水料+税金から構成されます。

例えば、飲料水として使用すれば、
使用料+税金だけですが、
お風呂や洗濯に使えば、
使用料+排水料+税金すべてがかかります。

1人暮らしの1カ月の水道料金を比べた場合、
ドイツが約5700円に対し、
日本は東京23区の水道料金でみると、
約1500円との数値もあります。

また、ドイツ人は
節約精神にあふれています。

このようにドイツは
入浴による身体のケアを重んじる国であり、
多くの入浴剤が売られてはいますが、
日本のように
「湯船に頻繁に浸る」ことは
上記の理由でその頻度は低くなります。

水が軟水でそれほど気にせず
頻繁にお風呂に入れる環境にある
日本は特別なのです。

日本に生まれた幸せです。

家での入浴剤を使った
温浴ケアが必要あなた。

こちらの記事を読んでください。

http://aqua-60.net/?p=854

 

入浴習慣 世界と日本

たっぷりとお湯がはられた
湯舟に浸り、手足を伸ばすと
「あ~極楽、極楽」
と自然に言葉出るほど
お風呂に入ることは
気持ちがいいのものです。

でもこれって、
日本独特のものって知ってました?

一般に日本人は特に高い温水での
入浴を好むと言われます。
『寝る前にお風呂』というのは
日本独自の習慣です。

海外でお風呂と言えば
「シャワー」です。
バスタブはありますが、
その中で体を洗うのがほとんどあり、
日本のように体を浸して
温まる習慣はありません。

イギリスのお風呂事情は
日本とは異なっており、
沸かしたお湯をタンクに貯めておきます。
そのお湯を使ってしまえば
後は水になってしまいます。

また、バスタブのみでシャワーがなかったり、
シャワーのみだったりと
日本とは入りかたも違ってきます。

ドイツでは水道代が高いこともあって、
シャワーだけで済ませる人が殆どなので、
住まいにシャワーしか付いていなくても
普通のことなのです。

中国でも一般家庭においては
湯船に浸かる習慣はなく、
入浴とはシャワーで
汚れを落とすのが一般的です。

お風呂に入る風習が極端に少ない地域として
有名なのがフランスです。
朝、簡単にシャワーを浴びるだけの人が殆どです。
その代り、香水がよく使われ、
また便器のほかにビデがあります。

パリの水は、「硬水」です。
硬水の水で顔を洗うと、肌がボロボロになり
髪の毛がパサパサになり、
さらに抜け毛の原因にもなります…。

では何でこんなに違うのでしょうか?

まずお風呂に対する意識が
日本と海外では大きく異なります。

多くの国ではお風呂に入ることの主な目的は
体の汚れや汗を落とすことです。

そして日本と海外とで大きく異なるのが、
「水」に対する価値観です。

日本は水資源が非常に豊かな国です。
水道水はもちろんお風呂や洗濯など、
あらゆる場面できれいな水を
さほど気にせずに使用することができます。

一方で海外の国々では、
水資源が日本ほど豊富ではありません。
乾燥したヨーロッパなどではそもそも
入浴の必要性が低いという事があります。

次に気候風土の問題があります。
日本は温帯に属する地域としては
珍しく湿度が大変高く、
世界的に見ると、異常な気候になります。
このことがお風呂を必要とする
大きな原因となるのです。

日本は周りを海に囲まれ、
季節風が吹き、四季があります。

太平洋側の海から運ばれた、
水蒸気を多く含む高気圧が
日本を覆いつくすために
夏は”高温多湿”となります。

気温も湿度も高い状態が
日本の夏の特徴です。
湿度が高いため家の中でも夜になっても
蒸し暑く不快な状態が続くのです。

一方冬は“低温低湿”です。
冬は湿度が低いため温度以上に
寒さを感じるだけでなく、
インフルエンザが流行したり、
肌や髪が乾燥したりするのです。

日本の住居構造は、高温多湿であるため
「徒然草」にもあるように、
住まいは夏を旨とすべしなのです。

つまり、日本の住居は多湿の気候を考慮して
風通しの良い構造になっています。

このため低温低湿による冬場の
防寒のために高温の入浴が好まれます。

夏は高温多湿の気候により
汗をかきやすく、
火山島の影響で土が粘質であるため、
埃が立ちやすいことなど、
一年を通して入浴を必要とする
気候風土が日本の特徴なのです。

また、仏教では
汚れを落とすことは
仏に仕える者の大切な仕事と
沐浴の功徳を説いています。
入浴は七病を除き
七福を得るという教えもあります。

このように水資源が豊富であり、
夏は”高温多湿”、
冬は”低温低湿”というように
いずれの季節も湿度が不快に働くことが
日本の入浴文化を生んだのです。

日本は独特のお風呂文化を持っています。

家での温浴ケアが必要あなた。
下記の記事を読んでみてください。

http://aqua-60.net/?p=854

入浴剤 種類 あれこれ

お風呂に入ると
夏はさっぱりと、冬は温まります。

入浴のメリットは
この温浴効果と清浄効果にあります。
お風呂に入ると、何より気持ちがいいです!

そして、その入浴のメリットをさらに
高めるのが入浴剤になります。

あなたは入浴剤を使っていますか?
どんな入浴剤でしょうか?

入浴剤と一口にいっても
いろいろな種類がありますが、
以下の6つに大別されます。

1.無機塩類系入浴剤
日本国内における最も一般的な入浴剤です。
無機成分のみから構成される塩で
硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム、
炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、
等を主成分とするものです。
剤型的には粉末、顆粒が多いです。

このタイプの最大の特徴は、
塩類が皮膚の表面の蛋白質と結合して膜を形成し、
この膜が身体の熱が逃げるのを防ぎます。
このため、入浴後の保温効果が高く
湯冷めしにくくなるという事です。

2.炭酸ガス系入浴剤
炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム等とコハク酸、
フマル酸、リンゴ酸等を組み合わせたものです。
剤型的には錠剤や粒状になります。

炭酸ガスとは
二酸化炭素(CO2)の気体の呼び名で、
お湯に溶けると水圧によって
体内に容易に入ります。
ある程度入ると元の状態に戻そうとする
「恒常性」という力が働きます。
この二酸化炭素を
「体外に出そう」とする代謝機能が働くことにより
「血の巡り」がよくなり、
新鮮な血液が身体のすみずみまで行き渡ります。
また体表面の熱が全身へと運び込まれるために
身体の芯まであたたまり、
心身共にリフレッシュされます。

3.薬用植物系入浴剤
生薬をそのまま刻んだもの、
生薬のエキスを取り出して他の成分と
組み合せたもの等種類は色々です。
このタイプの効果は
生薬の種類によって異なりますが、
生薬に含まれている成分の働きと、
独特な香りの働きから成り立っています。

4.酵素系入浴剤
蛋白質分解酵素、パパイン、パンクレアチン等の
酵素を配合したもので、
無機塩類との組み合わせが多いです。

酵素は消化剤や洗浄剤等によく利用されますが、
人間はもちろん、
微生物や植物などの生物の体の中で作られ、
蛋白質や脂肪、澱粉等を分解して
消化や洗浄を助ける効果をもっています。

入浴剤に酵素を配合する目的は、
皮膚に無理な刺激を与えず、
清浄にすることで
入浴効果を高めることにあります。

5.清涼系入浴剤
メントール、炭酸水素ナトリウム、
硫酸アルミニウムカリウム等を配合したもので、
剤型的には粉末、顆粒、錠剤が多いです 。

このタイプは、主にメントールを
配合して冷感を付与させたものや、
炭酸水素ナトリウム、 硫酸アルミニウムカリウム等を配合し、
入浴後の肌にサッパリ感を付与させたものがあります。

6.スキンケア系入浴剤
セラミド、米胚芽油、エステル油、スクワラン、
ホホバ油、ミネラルオイル、植物エキス、
米発酵エキス等の保湿成分を主に配合したもので、
剤型的には液体、粉末、錠剤が多いです。

このタイプは、保湿成分が入浴中に皮膚に
吸着浸透し、スキンケアを行うものです。

特に冬の乾燥時は、
入浴後過度に角層中の水分が失われ、
お肌のかさつきが起こりやすく、
入浴剤によるスキンケアが重要となります。
また入浴でお湯を含んで膨れたお肌は、
保湿成分が浸透し易い状態となっています。
肌の表面に吸着するだけではなく、
角層内部にまで浸透していき、
その結果入浴後は
お肌がしっとり、すべすべになります。

冷えや関節などのリハビリのために家での温浴ケアが
必要なあなた、下記の記事をお読みください。

http://aqua-60.net/?p=854

冷え性 リュウマチ 入浴 入浴剤 生薬

あなたは冷え性ですか?

冷え性体質の方は湯舟にゆっくり浸かって
たくさん汗をかいて
身体を暖めるのが有効です、
とはよく言われますね。

それでは
朝、手足の指の関節に
こわばり、傷み、
腫れなどが出ませんか?

もしかしたら、それリュウマチかも・・・

肩こり、神経痛、リュウマチなどは
冷え性の人がほとんど抱えています。

関節リュウマチとは
70万人から80万人の患者数と言われており、
女性が80%弱で男性が20%以上の比率です。
30代以上の女性に圧倒的に多い病気です。
関節の中の軟骨部分を広くおおう
滑膜(かつまく)を異物と見なして
攻撃を仕掛け、その結果滑膜細胞が
異常に増殖して関節が腫れたり、
痛くなったリするのが特徴です。

原因は不明ですが、
もともと関節リュウマチになりやすい
要素(素因)を持つ人が
たまたま病気になりやすい環境に
おかれた時に免疫の異常が起こり
発症すると考えられています。

最近の研究で
初期の2年間で急激に進行しますが、
早期発見で治療すれば、
安定した状態に保つことも
可能であることがわかってきました。

関節リュウマチのリハビリテーションは
関節の可動域を保つために行います。

このリハビリは夕方から夜にかけて、
お風呂に入って身体を温めた後に
行うことがポイントになります。

この関節を温めるということは
血流の改善や筋肉を緩めることによる
疼痛の緩和ということでは
非常に効果的です。

痛みを増幅する要素の一つが冷えなのです。
「冷え」への対策が重要になります。

身体を温めるのは
湯舟にゆっくり浸かることですが、
関節が冷えないように
十分に保温することが大事です。

つまり、自宅のお風呂での
温浴ケアが大切であり、
生活習慣がポイントになります。

入浴剤
お風呂に入ると身体が温まります、
さらに入浴剤を使うことは、
入浴そのものによって得られる
温浴効果(身体を温める、 痛みを和らげる、等)と
清浄効果(汚れを落とす、皮膚を清浄にする、 等)を
高めることにあります。

入浴剤の種類はいろいろありますが、
冷え性、神経痛、リュウマチなどに
特化した入浴剤があります。

生薬を使った顧客満足度が
90%以上の薬用入浴剤です。

生薬とは植物や動物、鉱物などの
天然産物由来の薬物のことを言います。
生薬は単体でも効能がありますが、
組み合わせて用いることで
新たな効きめが生まれたり、
相乗効果が期待できます。
漢方薬はその代表的なものです。

添加物はゼロの5つの生薬を配合した
リュウマチなどに特化した入浴剤です。
詳しくは下記をクリックしてください。

リウマチ・神経痛ケア用 薬用入浴剤「kankai」